--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_07
31
(Thu)12:29

あの日。

  7月14日(月)
  あの日はりんとLunaの歯磨き&歯石取りの日
  歯磨きで歯石も取ってくれるサロンがあるというので試しにお願いすることに

  初めてのお店だったので前もって電話でいろいろお話をさせてもらってましたが・・・・


  お店に着いてもう一度お話
  りんとLunaの歯を見ながら打ち合わせをして・・・
  『できる範囲でいいので・・・』  

  今までりんとLunaはどこのサロンや獣医に行っても
  迎えに行くと『とってもイイ子でしたよぉ』って言われてました
  そんなこともありあの日も預けて施術の間はお店から数分の所で時間をつぶしてました


  だいたい1時間位って言われてたけど少し早く迎えに。
  お店に着くとお店の方が慌てた様子で出てきて・・・
  『あのぉ、りんくんが・・・』
  最初何を言ってるか理解できず、ケガでもしたのかなくらいに・・・・

  でもよく見たら隣の男性が箱をもってる
  もしかしてと思い覗いたら、もう固く冷たくなってるりんの姿が

  ママは泣き崩れ・・・・ 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
  僕はお店の方と隣の獣医の説明を聞いてました
  何を言われたかはあまり覚えてませんが獣医さんに
  『この子、暴れる子なんですってね』
  この言葉と、お店の方の
  『みんな暴れますよ』
  これだけは忘れません

  りんが暴れるなんてこの6年間で一度も聞いたことありません

  どんなに嫌だったのか
  どんなに苦しかったのか


  ごめんね、りん
  あの時僕があそこに連れて行かなければ
  あの時『無理そうならやめていいです』『嫌がるようならやめて下さい』ってハッキリ言っておけば
  あの時ずっと一緒にいてあげたら
  
  たらればの話をするとママにすごく怒られます
  『そんな話をしてりんが戻ってくるならいくらでもするよ』
  『でも、そんなことないんだよ!りんはもう・・・』
  って 
   
  僕もわかってはいるんです
  でも今回ばかりは・・・

  終わり方に満足いくものはないけれど
  老衰や病気で亡くなったわけではない
  さっきまで元気だったのに
  僕たちはりんの最後を看取れなかった
  僕が原因をつくってしまった

  いつも大丈夫だから・・・という僕の甘さが・・・  
  たぶんこの後悔は一生消えないでしょう
  僕がりんを・・・・


  りんとLunaのお友達
  このブログを見てくれてる愛犬家
  わんこを愛してるみなさんは大丈夫だと思いますが
  でも、うちは大丈夫というちょっとの油断が甘さが取り返しのつかないことを引き起こしてしまいました
  
  どうか僕のような過ちを犯さないように

  
  りん、ほんとにごめんね

  
スポンサーサイト
りん   
«  HOME  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。